日刊プロレスバカ一代

ようこそ、闘いのワンダーランドへ!まんだらけ札幌店ではプロレスフィギュアを中心にプロレス関連商品を取り扱っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットプロレス大賞2009に投票の巻

よくよく考えましたら当ブログ、トラックバック機能がついておりますので「ネットプロレス大賞」に投票できる事に気付きましたよ。
まぁ、トラックバックって何なのかいまいちよくわかってないんですが・・・
つぃったーも始めたものの使いこなしてるか謎ではあるし・・・
ネット社会怖い!

さて前置きはさておきまして以下が投票になります。
実際に生観戦した試合のみ対象にしてみましたよ。
まぁ、年間10試合前後しか見てないような気もしないでもないが・・・
北都プロレスばかりだったり・・・
土日観戦が不可なんで地方ばかりだし・・・
観戦時間より車での移動時間のが長いし・・・

そんな疲れを吹き飛ばしてくれるプロレスって良いですね!

【MVP】
第1位 真壁刀義
第2位 棚橋弘至
第3位 葛西 純

新日本は旭川と琴似で観戦しましたが真壁と棚橋の会場人気がハンパ無いっす。
棚橋の過剰なほどのサービス精神はプロとして素晴らしいが、試合は泥臭い真壁のが好みなんでー。
ちなみに試合会場まで車内BGMは選手の入場テーマにしてノリノリで向かうんですが、当時中邑の曲が「Subconscious」から変わっててなんかノリきれないという悲しい効果を生み出しました(どうでもいい話)。
葛西はここ数年北海道ツアー時には怪我で欠場ばかりだったので久々に観たけどやっぱり良いね!

【ベストマッチ】
第1位 大日本プロレス 9・21 札幌 宮本裕向&竹田誠志 対 葛西 純&“黒天使”沼澤邪鬼
第2位 全日本プロレス 8・26 函館 武藤敬司&カズ・ハヤシ 対 ジョー・ドーリング&歳三
第3位 DREAM.9 5・26 横浜 所英男 対 エイブル・カラム

1位は大日本やっぱ良いね!と思わせる好試合。竹田は初見でしたがデスマッチにこんなに順応しているのは
凄いね。
2位は完全な勧善懲悪な試合で老若男女すべて楽しめる展開が良かったですよ。
乱入を繰り返すブードゥーの悪行を善玉チームが全員で成敗!
3位はMMAですけど背景が完全にプロレス的で感情移入しまくり、ラストは本当に感動して泣いた。

最優秀タッグチーム
第1位 葛西 純&“黒天使”沼澤邪鬼
第2位 ジャイアント・バーナード&"ザ・マシンガン"カール・アンダーソン
第3位 西村修&征矢学

1位はやっぱジャンキーズいいよねーってことで、2位はでかい外人好きなんで、3位はもう観れない寂しさで。
(だんだん理由がはしょってきているのは気にしない)

新人賞
第1位 竹田誠志
第2位 浜亮太
第3位 池田昌樹

1位はすげー試合してるし、すげーから、2位はまるまるしててかわいいから、3位は北都プロレスで吉田くんより強そうなのに必ず負けてるのが悲しいので。

最優秀興行
第1位 7・21 新日本プロレス Leonis 琴似コンカリーニョ
第2位 10・20 NOAH SEM in Sapporo 琴似コンカリーニョ
第3位 9・21 大日本プロレス 札幌テイセンホール

コンカリーニョは観やすくて良いよねー。選手近いし。新木場みたい。
参加選手少ない分、変にサービスしてくれるのも嬉しい。
あとデリリアス良かったわー。

最優秀団体
第1位 新日本プロレス
第2位 大日本プロレス 
第3位 北都プロレス

3位は応援の意味を込めて・・・

マスメディア賞
第1位 映画『レスラー』 
第2位 TV番組『アメトーーク』 
第3位 漫画『まつりスペシャル』 

『まつりスペシャル』の2巻の帯が三沢だったんだよね・・・(涙)


こんな感じです。
締め切りギリギリすぎて後半の文章が適当すぎ。

今年は2月の大日本が北海道プロレス初めです。
仕事が休みの日は全部観に行きたいんですけど、どうなることやら。
  1. 2010/01/08(金) 22:40:36|
  2. その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。